名古屋市(千種区・名東区)・瀬戸・高蔵寺・江南の幼児教室 パスルDEさんすうの 図形楽習舎

名古屋市千種区・名東区・高蔵寺・瀬戸・江南にある「パスルDEさんすう」でおなじみの幼児期数学塾です。
幼いころから数感を育むことで理数系に親しみやすい子供の育成をお手伝いいたします。

パズルdeさんすうのご案内

平面パズル、立体パズル等の教具を使い、 「数」や 「図形」に対する数理的な感覚を養います。
また、習熟度の異なる子供達に対して、それぞれのレベルに応じた楽しい学習が成立するように細かくプログラム化されています。

特長その1:「数」と「図形」の融合学習。

数偏重の算数教育では、算数は抽象的で難解なものと誤解されがちです。そこで数よりも具体的な意味を持つ図形を重視し、さらには、四則計算や分数の概念さえも図形を用いて学習するという画期的な教授法を採用しております。数と図形の融合学習という全く新しい学習法は、算数の世界を図形的に、かつ、具体的に把握することができ、数理的感覚を豊かに育んでくれます。

特長その2: パズルや積み木を使って「手で」思考する。

使用教具である平面パズルと積み木には、手で操作させて試行錯誤を繰り返し、与えられた課題の回答をみつけさせる、すなわち「手で」考えさせる事ができるように細部にわたり数理的な配慮がなされています。例えば平面パズルでは、同じパズル片を使い、五角形から六角形に変化させたり、また積み木では、実に1万種以上の造形が可能であり、ひとつの造形から容易にバリエーション作りを考え出すことができるため生徒たちは思考を発展させやすく、図形を扱う能力や観察力、システマティックに思考する能力の養成に非常に高い効果を発揮します。

特長その3: 数理的創造性を育成。

マッチ棒で三角形を作りを楽しんでいた3歳児が、あるとき「マッチ棒3本でできる三角形が4本では作ることができない」という大発見にいたりました。子ども達は、数理的な操作活動を遊びながら繰り返すことにより思考経験を重ね、そしてそれらを自分なりにまとめ、ひとつの生きた知恵として記憶していきます。知的刺激に対する子ども達の反応を観察しながら、指導者が適切なヒントやアドバイスを与え、正しく遊びを指導していくことができれば、子ども達はひとつひとつの数理的経験を蓄積させ、いずれは未知の問題に対しても創意工夫し、問題解決の糸口をつかむ能力を自然に身につけていくことができます。


年齢・学年に合わせたカリキュラムをご用意しています。

テキスト教材に、プラスで具体物(つみきなど)を使用する事により、理解力・思考力を高めます。
※個別教室と団体教室が選べます。

■パズルプログラム

カリキュラム 指導目標
☆パズルあそび1
形をおぼえましょう
2こか3こでできる図形
・形の認識
・大きい小さいが分かる
・1~3まで数える事ができる
☆パズルあそび2
まるちゃんパズル
・円の構成
・図形にしたしむ
☆パズルあそび3
まるパズル
・円の構成
・ひとつ ふたつ みっつがわかる
・問題の意味が理解できる
☆パズルあそび4
形をおぼえましょう
2こか3こでできる図形
・色々な形が認識できる
・図形の色々な組み合わせができる
☆パズルあそび5
大きさと8の図形
・パズル4枚で色々な形づくりに取り組む
・どこが違うか見つけることができる
☆パズルあそび6
大きさと8の図形
穴あき図形・具象図形
・パズル4枚で色々な形作りに取り組む
・8までの数を理解できる
・工夫してパズル片を置く事ができる
☆パズルあそび7
丸2こパズル
対象軸1本の図形2本の図形
対象軸のない図形
・円2こ分で色々な形づくりにと取り組む
・図形の対称が理解できる
・円のパズルで8までの数が理解できる
☆パズルあそび8
ひらがなパズル
・ひらがなを覚える
・パズルあそび1~8までの復習
☆パズルあそび9
大きさ8+円を使った図形
・パズル4枚で色々な形づくりに取り組む
・8までの数を理解できる
☆パズルあそび10
大きさ8+半円を使った図形
大きさ8+全円を使った図形
・丸のパズル片がどこに入ってるか見つけることができる
・工夫してパズル片を置くことができる
☆パズルあそび11
大きさしらべましょう
大きさ16の図形
数字・具象図形
・図形の分割ができる
・図形の大きさ 数の大きさが同時に理解できる
☆パズルあそび12
大きさ16の図形
カタカナづくり
縮小図に線を書きましょう
・縮小図が理解できる

■つみきプログラム

カリキュラム 指導目標
☆つみきあそび1
1.2.3でつくりましょう
・つみきに親しむ
・ひとつ ふたつ みっつがわかる
・問題の意味が理解できる
☆つみきあそび2
1.2.3。4.Iでつくりましょう
・立体図形に慣れる
・立方体の数を数えることができる
・数字の読み書きができる
☆つみきあそび3
2こ~4こでつくりましょう
・立方体を工夫して置く事ができる
・立方体の数を数えることができる
☆つみきあそび4
2こ~7こでつくりましょう
・造形遊びに親しむ
・縮小図が理解できる

平面パズル

平面図形学習教具であると同時に、整数の大小を図形で表現する事が出来ます。
分数計算、倍数・約数学習も容易にできる知恵の板です。


立体パズル

立体図形学習に最適な積み木です。
1万種以上の造形が可能で創造力・思考力・集中力を育てます。

 

 


テキストの問題例

全てのテキストには、学習ポイントをおさえて志向を凝らした問題がのせられています。
以下はその一例です。是非チャレンジしてみてください。
※クリックで拡大します。

問題1

算数パズル問題集2より

問題2

 

問題3

パズルあそび11より

問題4

マッチ棒算数Ⅰより

問題5

つみきあそび3より


新聞掲載記事と教室風景

新聞掲載記事です。  

合計:99418本日:183昨日:169